買い物をクレジットカードに切り替えてから、財布を小さくすることが出来ました。小銭やお札を必要以上に持ち歩く必要も無くなったので、買い物が身軽です。気に入っていた小ぶりのバッグで出かけることが出来るようになり、本当に便利になりました。今まで気にしていなかったのですが、自分が買い物に行くお店の9割以上はクレジットカード支払いが可能なお店でした。数百円の買い物にクレジットカードを使うことに抵抗があったのですが、今は少額であればサインレスですし、小銭を出すよりスマートに買い物ができます。(特にコンビニは早い!)使いすぎてしまわないかと心配していましたが、大きなものを買う時は事前に検討していますし、日々の買い物は変わらないので、毎月使いすぎを感じるようなことはありません。ポイントもたまって一石二鳥です。

私はつい先月のことですが、生まれて初めてクレジットカードを発行しました。比較的本人確認審査が通りやすいと噂に聞いていた楽天カードに申し込んでみました。もしかして審査に通らないかもと不安になっていたのですが、携帯に本人確認の電話があった程度で、難なくクリアしました。私が入会した時はちょうどキャンペーンをしていた時で、楽天スーパーポイントが最大で8000ポイント貰えるという広告につられて入会したのです。まず、自宅にカードが送られてきてから3日後に2000ポイントが付与されました。ただ単にカードが送られてきたら手続き完了という訳ではなく、自分から付与申請をしなければなりません。楽天はまめにメールを送ってくる会社のようで、家にカードが届くまでの間毎日のように色々な案内が送られてきました。その中に2000ポイントが付与される手続きの案内も含まれていました。私は忘れないうちにカードが届いた直後にメールの案内に従って申請しました。すると、即手続き完了をお知らせするメールが届き、特にトラブルもなくスムーズに付与されたのです。私の場合はお金を借りる目的ではなく、ショッピングに利用したいという目的でカードを発行しましたので、ポイントが無料で付与されたことはありがたかったです。楽天市場でカード払いで買い物をすると、常時通常の3倍の楽天ポイントが付与されるようになり、貯まったポイントを現金代わりに使うことができるのです。今回のキャンペーンでは残りの6000ポイントを貰うためにカード払いで買い物を1回以上しなければならないということでしたから、早速付与されたポイントを使いつつ服を購入しました。使わなければならない金額も1円以上で良いということでしたので、条件が緩く達成しやすかったです。ただし、ポイント払いのみで買い物をした場合は6000ポイントの付与条件には該当しないという注意点がありましたので、必ずカードで払ったという実績を残さなければなりませんでした。ですので私はカード払いとポイント割引を併用して購入しました。楽天カードは使えば使うほどポイントが貯まる仕組みになっており、私の場合は楽天市場での購入時は現時点で通常の5倍のポイントが付与される状態です。また、ネット上だけではなく、大手チェーンのドラッグストアやサークルKサンクスなど一部のコンビニなどでポイント払いができますので、重宝しています。カードそのものを提示するかまたは楽天のアプリ内にある読み取りバーコードを店員に提示するだけでポイント支払いの手続きができたり、反対に貯めることもできるのです。日頃からコンビニをよく利用する私としては本当に嬉しいです。クレジットカードを持つようになってから、買い物スタイルが変わりました。カードってつくづく便利なものだなあと実感しています。

クレジットカードのカラーにこだわる

  • 投稿日:
  • by

クレジットカードは、より高いステータスを求めてグレードの高いカードを手に入れたいと考えるようになります。ゴールドカードを所有できれば周りの人から仕事面で非常に優れている人だと思われる可能性が高いのです。しかし、ゴールドのカードの色に関しては、社会人に成り立ての若い人でも年会費無料でゴールドカードが作れるサービスがあり、ライバルのクレジットカード会社も似たようなカードを提供するようになりました。その為、カードの色がゴールドであるかどうかは、自由に選択できるような状況となっています。その為、大きなステータス感が得られるカードはプラチナかブラックカードのようになってきました。ただ、ブラックのカードに関してもプロモーション用のカードがあるため、比較的安いコストで所有することは可能となっています。

クレジットカードの使いすぎ。

  • 投稿日:
  • by

クレジットカードは、とても便利ですが使いすぎるのが怖いものだと思います。現金が無くても物を買えてしまいますし高額な物品や旅行などもできるので魔法のカードとも言えるでしょう。しかし怖いのはしばらく期日ですね、まとまった請求額がきて初めてどれくらいつかったのか分かる人も多いでしょう。このように衝動買いをしてしまったなど後から後悔してしまうことも出てきます。現金だとおカネが足りなければ買うことが出来ないために諦めてしまうこともありますがクレジットカードだと簡単に買えてしまうので注意が必要だと思います。特に高額な物まで買えるのは怖いことだと思いますし把握してないと支払いが足りなく引き落としが出来なくなる恐れもあるので注意が必要です。

クレジットカードのメリット

  • 投稿日:
  • by

クレジットカードで買い物をする時はなるべく高額な電化製品等を購入の際に使うようにしています。それは、何故かと言うと小額な物にクレジットカードを使っても、後で貰えるポイント還元等が余り付かないからです。せっかくポイント還元でポイントが貰えるなら、一回に沢山貰える方が良いと思うからです。なので電化製品等テレビ・冷暖房機器・冷蔵庫等の購入の際はクレジットカード等で購入することにしています。クレジットカードのメリットは現金を持ち歩かなくても買い物が出来ると言う事や、購入時に、ポイントが溜まりポイントで小額商品や等の買い物が出来たり、次に高額商品を買う際にポイント分で一部支払いなどが出来ると言う事なのでクレジットカードで買い物をするのは怖いと不安に思う人も沢山いるでしょうが、使い方を間違わなければ、便利なアイテムの一つだと思います。

口座から引き落としになる支払いがあったり、現金での支払いがあったりなど、生活の中で面倒に感じていたのが支出の管理です。全ての支払いを1つにまとめるのは難しいとわかっています。しかし、もう少しコンパクトにまとめることができれば、支出の管理が楽になると考えていました。そこで、色々な方法を検討した結果、クレジットカードの利用によって支出の管理が簡単になるとわかりました。なぜなら、クレジットカードで決済を実施すれば、支払いをまとめられるからです。たとえば、コンビニやスーパーでの買い物、光熱費の引き落としなどをクレジットカードで行えば、ある程度の支払いをまとめることができます。現在、クレジットカードの利用によって色々な支払いをまとめることができており、支出の管理が楽になっています。

最初に作るクレジットカード選びは慎重に

  • 投稿日:
  • by

初めて持つクレジットカードはとても大切だと言えるでしょう。なぜなら、初めて持つクレジットカードが一生のお付き合いをするクレジットカードになる可能性が高いからです。と、言うのも、何年かしたら再度「クレジットカードをしっかり選ぼう」という波が押し寄せてくるのですが、けれども長年使っていたクレジットカードの与信額が決め手で、結局はクレジットカードの乗り換えを断念してしまう人も多いからです。と、言いますか、もっと言えばクレジットカードの乗り換えが面倒に感じて、それで結局は初めてクレジットカードを作ったときからずっと使っているクレジットカードに落ち着くというわけなのですよね。そしてだからこそ、初めてのクレジットカード選びは慎重にするに越したことはないのです。

ひとりで何枚ものクレジットカードを使い分けている友人もいる中で、実はクレジットカードを作ることにも、持ち歩くことにも、長い間否定的な考えを持っていました。紛失したりして不正利用される危険性もあり、個人情報などの流出にも不安があるなど防犯的な理由での判断だったのですが、その考えを変えるきっかけとなったのが、携帯電話料金の支払いを、それまでの振込から、便利でポイントも貯まるクレジットカード払いにしようと判断した事です。カード作成以降は、危険性を感じつつも、その便利さについつい引き込まれている状況でうっかりお財布への現金の補充を忘れている時など本当に助かりますし、旅行に行った際もホテルの支払いやお土産の購入時など、お釣りを受取る面倒もなく重宝します。ただポイントについては、年会費が永年無料のせいか、思った程は中々貯まらなくて、ポイントが大幅にアップする別のクレジットカードを作ろうかと考えている所です。また公共料金などの支払いも、近い内にクレジットかード払いに移行していく予定です。ポイントには失効日もありますが、そうして出来るだけ無駄にしない様に貯めて、お目当ての商品への交換を今後も目指したいと思っています。さらにポイント付与だけではなく、キャッシュバックキャンペーンなどの会員特典やプレゼントが色々と用意されており、今まで利用したことがないので、今後は積極的に利用したいと思っています。残高不足にならない様に、引落とし銀行口座の定期的な残高確認と、所持する際は危険性も忘れず慎重に取扱い、身に覚えがない引落としが無いか、利用明細へのチェックを欠かさず利用すれば、現金を持つよりも、クレジットカードの方がお得で、案外安全かも知れないと思う今日この頃です。

 金銭面で損をしないクレジットカードの条件は、年会費とポイントです。年会費が永年無料のクレジットカードならまず間違いなく損はしないですから、それを選べばだいたいOKです。ただ、クレジットカードの年会費は必ずしも無料というわけではなく、もちろん有料の場合もあります。そのときはクレジットカードによって得られる年間の総ポイントと年会費を比べ、総ポイントが上回る見込みなら損しないと判断できます。 特に買い物のほぼ全部がクレジットカード払いの人は、年会費を超えるくらい総ポイントが貯まりやすいです。また、ポイント還元率が高ければ高いほど年会費を上回りやすいので、髙還元率クレジットカードなら損はしにくいです。つまり、年会費と獲得できるポイントのバランスでクレジットカードの損得は決まります。

ポイントはマイルと交換して海外旅行に

  • 投稿日:
  • by

クレジットカード利用者の多くが、ポイント目的に利用していると思いますが、その中でも最も人気なのが各航空会社のマイルとポイントが交換できるということです。ただでさえ高いと感じる航空代金が、無料になったり、あるいは座席のグレードアップに利用できたりと非常にお得に利用できます。一度マイルで海外旅行をすると現金で旅行代を払うことが、損しているような気分になります。マイルを貯めるには、多くの方法がありますが、最も効果的なのは、各クレジットカード会社が提供するキャンペーンを利用することです。特に、クレジットカード新規作成時には、多く利用してもらおうということでキャンペーンが用意されることが多いので、これを計画的に利用すると一気にポイントを貯めることができます。